• 越後湯沢の温泉宿「HATAGO井仙」「ryugon」で提供している雪国の恵みをお届けします。
  • 越後湯沢の温泉宿「HATAGO井仙」「ryugon」で提供している雪国の恵みをお届けします。

雪国の食材

釜炊き海水塩 笹塩
釜炊き海水塩 笹塩
クマ笹に含まれる豊富なアミノ酸が特徴の笹塩。 まろやかで、ほのかな甘みがある味は、魚料理の付け合せにもおすすめです 笹色のお塩で料理の彩りを演出してみてはいかがですか。 ====製造現場探報しました=== 好評いただいている「釜炊き海水塩」の製造現場を訪れました。 新潟県北部の綺麗な水と岩場が続く名勝「笹川流れ」の本当に海のすぐ近くに工房があります。 すぐそこの海から海水を引き込み、薪を燃やして海水を蒸発させて塩を得る、というなんとも単純明快な製造方法です。 作り手の小林久さんにお話を聞きました。 元々は船大工として船造りをしていた小林さん、時代の流れでFRP(強化プラスチック)の船が主流になったことから 海から丘の建設業へ転職、定年退職の直前に故郷笹川流れで塩作りをはじめます。 笹川流れは塩作りに向いていました。 1つ目は澄んだ海で透明度が高いこと、2つ目に砂の粒が大きく海水と砂や貝殻を分離しやすいこと。 新潟は長い海岸線を持ちますが、他地域はここより粒の小さな砂が多く塩作りには向かないと小林さん。 その笹川流れの海水を、ゆっくりと釜炊きして塩作りをします。 薪をくべ、灰汁や不純物を手で取り除きながら丁寧に煮詰め、「苞(苞)」と呼ばれる円錐状の装置に移し、ニガリを取り除いて塩ができます。ここまで約15時間。その後別棟の工場でさらに乾燥、不純物を取り除き製品となります。 「ここは塩炊き場として2つの日本一がある」と小林さん。 1)日本一海に近いこと。笹川流れは浜が極端ないので、工房は波打ち際のすぐそば。道路の向こうはすぐ海で潮風が気持ち良いです。 2)日本一の薪の量。釜炊きに使うための薪は主に杉。海も近いが山も近く、地元の森林組合方提供してもらっています。塩作り工房の前には薪が山積みに。 出来上がった塩は出来上がった塩は一粒が大きめでキラキラ輝いています。 海塩は99%以上が塩化ナトリウムの精製塩と違いカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの自然のミネラルや自然の旨みがたっぷり含まれています。 そんな「海水塩」は新潟の美味しいお米との相性も抜群です。 南魚沼さんコシヒカリと塩だけの「塩むすび」は説明のいらないおいしさです。 もちろん料理に使っても、精製塩とは一味も二味も違いますよ。ぜひお試しください。 名称 食塩 原材料名 海水(新潟県村上市)、笹葉 内容量 150g
¥950
釜炊き海水塩 粗塩
釜炊き海水塩 粗塩
日本海の海水を薪と釜でじっくり煮詰め、1リットルの海水からわずか18グラムしか作ることができない手づくりの海水塩。 やさしい味と風味は野菜や天ぷらなど、用途は多彩。塩だけで握る塩おにぎりもおすすめです。 ====製造現場探報しました=== 好評いただいている「釜炊き海水塩」の製造現場を訪れました。 新潟県北部の綺麗な水と岩場が続く名勝「笹川流れ」の本当に海のすぐ近くに工房があります。 すぐそこの海から海水を引き込み、薪を燃やして海水を蒸発させて塩を得る、というなんとも単純明快な製造方法です。 作り手の小林久さんにお話を聞きました。 元々は船大工として船造りをしていた小林さん、時代の流れでFRP(強化プラスチック)の船が主流になったことから 海から丘の建設業へ転職、定年退職の直前に故郷笹川流れで塩作りをはじめます。 笹川流れは塩作りに向いていました。 1つ目は澄んだ海で透明度が高いこと、2つ目に砂の粒が大きく海水と砂や貝殻を分離しやすいこと。 新潟は長い海岸線を持ちますが、他地域はここより粒の小さな砂が多く塩作りには向かないと小林さん。 その笹川流れの海水を、ゆっくりと釜炊きして塩作りをします。 薪をくべ、灰汁や不純物を手で取り除きながら丁寧に煮詰め、「苞(苞)」と呼ばれる円錐状の装置に移し、ニガリを取り除いて塩ができます。ここまで約15時間。その後別棟の工場でさらに乾燥、不純物を取り除き製品となります。 「ここは塩炊き場として2つの日本一がある」と小林さん。 1)日本一海に近いこと。笹川流れは浜が極端ないので、工房は波打ち際のすぐそば。道路の向こうはすぐ海で潮風が気持ち良いです。 2)日本一の薪の量。釜炊きに使うための薪は主に杉。海も近いが山も近く、地元の森林組合方提供してもらっています。塩作り工房の前には薪が山積みに。 出来上がった塩は出来上がった塩は一粒が大きめでキラキラ輝いています。 海塩は99%以上が塩化ナトリウムの精製塩と違いカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの自然のミネラルや自然の旨みがたっぷり含まれています。 そんな「海水塩」は新潟の美味しいお米との相性も抜群です。 南魚沼さんコシヒカリと塩だけの「塩むすび」は説明のいらないおいしさです。 もちろん料理に使っても、精製塩とは一味も二味も違いますよ。ぜひお試しください。 名称:食塩 原材料名:海水(新潟県村上市) 内容量:200g
¥630
釜炊き海水塩 上層塩
釜炊き海水塩 上層塩
日本海の海水を薪で焚き続けること15時間。 塩ができる瞬間に浮きあがる花のような結晶だけを集めました。口の中にひろがる穏かな甘み が特徴の上層塩。お肉との相性もよく、日本酒のお供としてもおすすめのお塩です。 ====製造現場探報しました=== 好評いただいている「釜炊き海水塩」の製造現場を訪れました。 新潟県北部の綺麗な水と岩場が続く名勝「笹川流れ」の本当に海のすぐ近くに工房があります。 すぐそこの海から海水を引き込み、薪を燃やして海水を蒸発させて塩を得る、というなんとも単純明快な製造方法です。 作り手の小林久さんにお話を聞きました。 元々は船大工として船造りをしていた小林さん、時代の流れでFRP(強化プラスチック)の船が主流になったことから 海から丘の建設業へ転職、定年退職の直前に故郷笹川流れで塩作りをはじめます。 笹川流れは塩作りに向いていました。 1つ目は澄んだ海で透明度が高いこと、2つ目に砂の粒が大きく海水と砂や貝殻を分離しやすいこと。 新潟は長い海岸線を持ちますが、他地域はここより粒の小さな砂が多く塩作りには向かないと小林さん。 その笹川流れの海水を、ゆっくりと釜炊きして塩作りをします。 薪をくべ、灰汁や不純物を手で取り除きながら丁寧に煮詰め、「苞(苞)」と呼ばれる円錐状の装置に移し、ニガリを取り除いて塩ができます。ここまで約15時間。その後別棟の工場でさらに乾燥、不純物を取り除き製品となります。 「ここは塩炊き場として2つの日本一がある」と小林さん。 1)日本一海に近いこと。笹川流れは浜が極端ないので、工房は波打ち際のすぐそば。道路の向こうはすぐ海で潮風が気持ち良いです。 2)日本一の薪の量。釜炊きに使うための薪は主に杉。海も近いが山も近く、地元の森林組合方提供してもらっています。塩作り工房の前には薪が山積みに。 出来上がった塩は出来上がった塩は一粒が大きめでキラキラ輝いています。 海塩は99%以上が塩化ナトリウムの精製塩と違いカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの自然のミネラルや自然の旨みがたっぷり含まれています。 そんな「海水塩」は新潟の美味しいお米との相性も抜群です。 南魚沼さんコシヒカリと塩だけの「塩むすび」は説明のいらないおいしさです。 もちろん料理に使っても、精製塩とは一味も二味も違いますよ。ぜひお試しください。 名称 食塩 原材料名 海水(新潟県村上市) 内容量 150g
¥890
んまや

メールマガジンを受け取る